美肌の最大の敵は紫外線

紫外線は波長の長さによって3種類に分けられます。まず長波長であるUV-A生活紫外線ともよばれていて、年間を通して曇りの日でも存在します。中でも、太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。そして冬の時期でも、UV-Aの量は2分の1程度にしか減少しません。だから年間を通して紫外線対策をする必要があるわけです。

次に中波長であるUV-Bは、オゾン量が最も減る8月頃に紫外線量が最も多くなります。そして短波長のUV-Cは、オゾン層でほとんど吸収されるので、地表に届くことはないとされていますが、オゾン層が破壊されつつある近年では、今後脅威になるともいわれています。

紫外線対策が素肌改善のカギ

紫外線が肌に与えるダメージ
UV-A波・・・波長が長く、真皮にまで到達する。弾性繊維(コラーゲン、エラスチンなど)を損傷させ、シワ・たるみの原因となる。 
UV-B波・・・波長が短く、表皮までしか到達しないが、表皮に炎症を起こし、メラニンの生成を活性化させ、シミをつくる原因になる。


では、なぜ紫外線がいけないのでしょうか?

紫外線には、殺菌作用があったり、ビタミンDを生成したり、植物を育てるエネルギーとなったりするなど、私たちの生活にとって、なくてはならい重要な役割を果たしています。でも逆に大きな害を及ぼす面も併せ持っています。美容面でいえば、肌の老化を早め、さまざまな肌トラブルの要因となってしまうこと。肌が紫外線を浴びると、肌を守ろうとして、表皮層にある基底層で、メラニンという色素細胞を生成します。通常ターンオーバーで排出されるものですが、過剰につくられて残ったものはシミとなって沈着されてしまいます。

また紫外線が真皮にまで到達してしまうと、肌のハリや弾力を保っている弾性線維(コラーゲン、エラスチンなど)を傷つけて、それがシワたるみとなって現れてくるのです(光老化>>>)。さらに、紫外線は体の老化を早める活性酸素を生み出してしまうことも。このように体にとっても、肌にとっても有害な紫外線。UV-A(長波長)とUV-B(中波長)で性質に違いがありますが、どちらも肌の老化を促進させるので、日焼けする、しないに関係なく、できる限り防ぐことが美肌をつくるうえでもっとも重要なんです。