化粧水の間違ったケアとは?

化粧水は洗顔後の肌への水分補給が目的。肌の調子を整えて、やわらかくし、このあとつける美容液や乳液の有効成分を浸透しやすくする働きもあります。だから、肌によくなじんで、この後使う化粧品の浸透を妨げないようなシンプルなものを選ぶこと、そしてつけ方にもいくつか注意点があります。

まず洗顔後はなるべく早く化粧水をつけてスキンケアをすること。化粧水の浸透効果は洗顔後10分以内といわれているので、洗顔した後、肌の乾燥が進まないうちに、すぐに化粧水をつけることが必要。

また化粧水は多くつけたからといって、それだけ肌に浸透するというものではありません。たっぷりつけようと一度にバシャバシャとつけるよりは、適量を何回かに分けて重ねづけするほうが効果的です。

保湿目的の化粧水は肌をひんやりさせないように、手のひらで人肌くらいの温度にしてからつけるほうが浸透力もアップします。収れん化粧水やふき取り化粧水を使うときには、コットンを使ったほうがいいでしょう。

またパッティングで肌を引き締めようとするのも注意。パチパチと音を立てながら手のひらで肌をたたく行為は、皮膚に刺激を与えて、肌へのダメージになります。こうした摩擦は蓄積するとシワやシミ、また毛細血管を損傷させて赤ら顔の原因となることも。肌をいたわるように軽く押さえるようになじませるのがポイント。

コットンを使うときにも摩擦には気をつけましょう。肌にやさしい上質なコットンを使い、化粧水をたっぷりしみこませることがコツ。けっしてこすったりせずに、やさしくポンポンとたたくようにつけましょう。

そして化粧水をつけたあとは、次のステップへ。この後美容液⇒乳液⇒クリームの順になります。美容液を使わない場合は、乳液かクリームで保湿をしましょう。化粧水だけで保湿はできないからです。そのまま終わらせては、肌の水分はどんどん奪われていきます。オイリースキンだからといって洗顔後、化粧水だけで終わらせるのは厳禁です。肌を乾燥させて、さらに皮脂分泌を過剰にさせてしまうからです。オイリー肌では油分は控えても、水分のための保湿は必要です。



ビーグレンのスキンケアはここが違う!

スキンケア化粧品を選ぶときに重要なことは次の2点。

1.きちんとした美肌成分が配合されていること。
2.肌にしっかり浸透すること。

肌にとってどんなに効果的で贅沢な成分を配合していても、
それが肌に浸透しなくては意味がありません。

たとえばビタミンCは酸化しやすく、また水溶性のため、
直接肌に浸透させることは不可能でした。

それを可能にしたのが、ビーグレンの医療レベルの浸透技術です。

ビーグレンは、遺伝子治療やガン治療にも使われる
ドラッグデリバリーシステム(浸透技術)を採用。

これは国際特許を取得したビーグレン独自の浸透テクノロジーです。

ビーグレンは、肌の悩みに合わせてさまざまなタイプの
スキンケアのトライアルセットを用意しています。

ニキビ、シミ・くすみ、小顔・たるみ、シワ、エイジングケア、
毛穴の開き・黒ずみなどの肌の悩みに応じたトライアルセットで、
いますぐ、最先端のバイオコスメを試してみませんか?

↓ ↓ ↓