化粧水の役割とは?

洗顔で肌の汚れを落としたあとは、通常は化粧水をつけて、肌の調子を整えます。では、この化粧水とは一体どんな役割をするのでしょうか?

洗顔後にそのままにしておくと、肌の水分はどんどん失われてしまいます。でもだからといって、水そのものを肌に吹きかけても、表面はぬれますが、水は肌の内部には浸透しません。たとえば一日中プールに浸かっていても、水が皮膚から体の内部に浸透することはありませんね。その理由は、体には防御作用があること、そして皮膚には油分が含まれているので、水だけでは内部に浸透しにくくなっているからです。

一方化粧水の大半は水でできていますが、これに基材となるグリセリンやエタノールなどのほか、皮膚を柔軟にするエモリエント剤、さまざまな保湿成分などを配合することで、肌に浸透しやすくなっているのです。

このように肌に浸透しやすくした化粧水には、肌に水分を補い、肌の調子を整えて、やわらかくする働きがあります。この後に使う乳液やクリームを、より一層肌にムラなくいきわたらせるための役割や、肌の油分バランスを整えたりもしてくれるのです。

また化粧水には、肌に清涼感を与えて、みずみずしく整える作用もあります。皮脂の過剰な分泌を抑えて肌を引き締めたり、肌のphを弱酸性に保ったりして肌の調子を整えます。特にオイリー肌の人にとっては、洗顔後そのままにしておくと、乾燥を防ごうと、過剰な皮脂の分泌が起こってしまうことも。そうならないためにも化粧水で皮脂の過剰分泌を抑えることが大切になってきます。

でも化粧水だけで保湿をしようとしても無理。水の中に保湿成分はあまり配合できないからです。あくまでも化粧水は洗顔によって失われた角質の水分を補うことが目的です。もっと保湿成分を配合させて凝縮させたエッセンスは、化粧水ではなく美容液といいます。美容液は保湿効果に加えて、肌の悩みを解決する成分や美肌成分を高濃度に配合されているので、化粧水のあと、クリームの前につけるのが基本。

化粧水としては、水に溶けやすい美肌成分を配合したものが、最適です。たとえば、ビタミンC誘導体、水溶性の抗酸化成分や保湿成分など。そして化粧水を選ぶときは、自分の肌の悩みや肌にに合った有効成分の配合されたものを選ぶようにしましょう。




日本酒づくりから生まれた自然派基礎化粧品

米ぬか美人は、お酒のメーカーである日本盛が
安心・安全にこだわってつくった自然派スキンケアシリーズ。

『米ぬか』のすぐれた保湿力と
『日本酒の酵母』のチカラで
もっちりお肌へ導きます。

食べものから生まれた成分配合で
無着色・無香料・パラベン不使用。
敏感肌でも安心です!

  米ぬかに含まれるビタミンEやカルシウムなどの栄養素が
  肌にうるおいを与え、キメを整えます。

 日本酒酵母エキスの ビタミンB1、B2、ミネラル
肌をしっとり保湿。
  スッとお肌にしみこみ、肌表面をなめらかにしてくれます。

  肌の負担となる合成着色料や鉱物油系界面活性剤、パラベンは
  一切無添加。

  米ぬか・日本酒酵母・純米酒など、
 安心・安全 にこだわった自然の素材だけを使用。

今なら 『米ぬか美人 NS-K 特別セット』化粧水1本1,890円+トライアルセット+トートバッグ
初回限定・送料無料で1,890円で試すことができます!
↓  ↓  ↓