美肌作りの基本!皮膚の構造と働き

人間の皮膚は、大きく分けて、『表皮』、『真皮』、『皮下組織』の3層で構成されています。スキンケアで重要なのはこのうちの、表皮と真皮。一般的に『肌』と呼ぶのは、表皮の部分です。表皮はさらに、『角層(かくそう)』、『顆粒層(かりゅうそう)』、『有棘層(ゆうきょくそう)』、『基底層(きていそう)』の4つの層からできています。

表皮の構造

表皮

表皮の構造

角層
肌の一番外側にあり、厚みは0.02mmほど。非常に薄い層ですが、2つの大きな役割を果たしています。ひとつはバリア機能。肌に触れる外からの刺激(紫外線、化学物質、ほこりや細菌など)が体内に入らないように守ったり、肌内部の水分が過剰に蒸発しないように防いだりする機能です。もうひとつは保湿機能。肌のうるおいを保つ働きをしています。

角層以下の表皮(顆粒層・有棘層)
表皮細胞が角質細胞になるための準備施設のようなところ。外的な刺激から肌を守る働きなど。

基底層
表皮の一番内側にあり、新しい表皮細胞を作り出しています。そして紫外線から表皮細胞を守るためのメラニン色素【メラノサイト】がつくられる場所でもあります。

また表皮部分には【セラミド】という物質が存在しています。セラミドは、『スフィンゴ脂質』という特殊な脂質の1つで、脂質でありながら水となじみやすく、肌の保水力を高める働きがあります。セラミドが不足してくると、肌は保湿力、バリア機能ともに低下し、肌がかさついてきます。そして、この状態が進行してくるとシワとなって現れてくるのです。

真皮の構造

表皮の下にあるのが真皮で、肌の土台となっている部分です。真皮には、血管、リンパ管、神経、皮脂腺、汗腺などがあり、皮膚組織の大部分を占めています。肌の弾力やハリを保ったり、真皮内にある毛細血管が栄養と酸素を肌のすみずみまで送り届ける役割をしています。

この真皮層で重要な働きをするのが、【コラーゲン】と【ヒアルロン酸】です。

真皮

真皮の構造


まず【コラーゲン】は、たんぱく質からできた線維のことで、真皮の大部分を占めています。コラーゲンには、細胞同士をつなぎ合わせる役割があって、真皮層に網目上のネットワークをつくることで、肌の弾力をキープしています。そしてコラーゲンのところどころに【エラスチン】と呼ばれる別の繊維が存在し、コラーゲンの構造を支える役割をしています。エラスチンとはゴムのような弾力のある線維で、この線維がコラーゲンを繋ぎとめるように支えているのです。コラーゲンが正常に働き、細胞がしっかりつなぎ合わされた肌は、ハリと弾力があって、ぷるんぷるん。逆にコラーゲンが不足して細胞同士がうまくつながっていない肌は、たるんできてしまうのです。

そして、コラーゲンやエラスチンでつくられった網状構造のすき間を埋めるように存在するのが【ヒアルロン酸】です。ヒアルロン酸は、保湿成分をもつゼリーのような物質で、皮膚細胞のなかでは真皮層に最も多く含まれています。ヒアルロン酸の中には水と相性がいい分子を持つものがあって、これが水分をたっぷり保持してくれるのです。だから、ヒアルロン酸が不足すると、肌の表皮だけでなく、表皮層までも乾燥していってしまうということになるわけです。

また、真皮にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の成分を生み出している細胞である【線維芽細胞】(せんいがさいぼう)があります。


多くの美容ライター、ジャーナリストが絶賛している
すべて自然成分で作られたスキンケアとは?


それは自然のちからを最大限生かした化粧品『オラクル』です。

『オラクル』は、化学合成成分不使用!
しかも100%自然成分の化粧品です。 

肌にとって本当に良いものを追求した結果、原料となる植物の栽培から、
植物エキスの製造までも、北海道の自社農園、自社工房で行っています。

オラクルに調合された植物成分は、全部で63種類。 
トラブルに直接働きかけ、基礎体力を高める植物たちが
絶妙なバランスで調合されています!!

肌タイプや悩みを問わず、肌の奥にまで働きかけ、
肌が持つ本来の力を引き出し、強く美しい肌へ導きます。

この100%自然成分の化粧品【オラクル トライアルキット】
たっぷり1週間分7,350円相当を、今ならお得に送料無料でお試しできます!!
↓  ↓  ↓