肌の肌理(キメ)って何?

スキンケアをする上で、よく『肌のキメ(肌理)が細かい』とか、『キメが乱れてる』などときくことがありますが、そもそもこのキメ(肌理)とはいったい何のことをいうのでしょうか?

肌の表面をよく見ると、細かく網目をつくるようにたくさんの線があります。細かい線は溝でできていて、さらに溝で囲まれた平らな部分は三角形や四角形をつくっています。そのほかに毛穴も見えます。この溝の部分を【皮溝】(ひこう)とよび、溝で囲まれた部分を【皮丘】(ひきゅう)とよんでいます。肌理とは、これらの肌表面に走る溝【皮溝】とその溝に囲まれた【皮丘】によってできた凹凸の状態のことをいいます。そしてキメ(肌理)は、肌の健康や美しさのひとつの基準となるものといえます。

肌の肌理(キメ)って何?

肌の肌理(キメ)が整っている状態と乱れている状態

肌理が整っている状態
皮丘である三角形や四角形の模様がくっきりしていて、規則正しく並んでいること。

肌理が乱れている状態
皮溝が浅く広くなって、皮丘の形も不ぞろいになっている状態。

肌理が細かい肌
皮溝が細かく、深くはっきりしていること。さらに皮丘の一つ一つが小さいこと。肌の表面はなめらかで、つるつるした質感と、透明感のある肌に見えるのが特徴です。

肌理が粗い肌
皮溝が太く、皮丘のひとつひとつが大きい状態。そして、皮溝と皮溝の間の毛穴も目立ってきます。皮丘の弾力もなくなってくるので、肌の表面の凹凸が目立ち、ざらざらとした肌になってしまうのです。

肌のキメの細かさや粗さは、生まれ持ってのもの。残念ながら変えることはできません。でも正しいスキンケアや肌代謝をよくすることで、肌理を整えてキレイな肌にすることは可能なんです。肌理が整った肌は、キメをより細かく見せ、毛穴も目立たず、美しい肌に見せることができるのです。

具体的に肌のキメを整えるには、外側から化粧品でケアするだけでなく、体の内側からの再生リズムを整えることが重要です。美しい素肌、キレイな美肌になるためには、スキンケアと同時に、内側から肌の代謝をアップさせることが大切なんです。