敏感肌の対処法・気をつけたいことは?

間違ったスキンケアで敏感肌になってしまう原因の1つは、クレンジング洗顔です。洗顔は肌の汚れを落とすこと、クレンジングはメイク汚れを落とすことが目的ですが、洗顔のし過ぎや過剰なクレンジングで、肌の大切な皮脂分まで取り去られてしまうと、バリア機能が正常でなくなり、わずかな刺激にも反応してしまう「敏感肌」になってしまいます。

もともと肌が敏感な人は、皮脂分泌が少なく、肌も乾燥しがち。その上強力なクレンジング剤を使って、こすったり力をいれてふき取ったりすれば、肌に相当な負担がかかります。

また化粧品で肌があれる場合、界面活性剤が肌荒れの原因になるといわれています。界面活性剤は油性のメイクアップ料と水分を混ぜ合わせる機能をもつものなので、クレンジングには不可欠の成分。油性の汚れを肌から浮き上がらせて、水で流すためです。でも量が多かったり、作用が強かったりすると、どんな肌の人にとっても負担になってしまうものでもあるのです。だから敏感肌のひとが洗顔料を選ぶ際には、石油系ではなく、低刺激の自然由来のものを選ぶほうが肌に対する反応がマイルドです。

さらには敏感肌にならないために、洗顔方法にも気を配りましょう。ゴシゴシこすったり、肌に刺激を与えないようにすばやく洗うのがコツ。そのためには洗顔料をよく泡立てて、手が直接顔に触れないように、泡で汚れを包み込むようにして洗います。クレンジング剤は刺激が強いので、肌の上にのせてなじませたら、すばやく洗い流すことです。すばやく洗顔して、洗い流すときはたっぷり時間をかけましょう。タオルドライのときも、ゴシゴシこすらず、水滴をタオルで抑えるようにして拭きとるのがコツです。(詳しくは正しい洗顔方法へ)

また敏感肌の人が化粧品を選ぶときは、なるべくアルコール、香料、着色料などが含まれないものが安心です。でもたとえ自然派化粧品、オーガニック化粧品であっても、成分によっては刺激となることもあるので注意が必要です。これらは天然の植物を主原料として、化学合成品を少し加えたものである場合が多いですが、天然の成分がアレルギーを引き起こすこともあるからです。さらに「無添加」「敏感肌用」「低刺激」であっても、人によっては刺激を感じることもあるので、やはりサンプルなどで確かめてみるのが賢明です。腕の内側につけて異常がないか確かめるパッチテストをして、刺激がないか確かめて、自分に合った化粧品を見つけることが大切。

そして肌が敏感になっているときは過剰なスキンケアは控えましょう。美白ケア、アンチエイジングケアなどはお休みして、あれもこれもと何品も使わずに、できるだけシンプルに保湿を重点的に行います。メイクも軽めにすれば、クレンジングも石鹸だけで済むので、お肌に余計な負担がかからなくなります。