毛穴を目立たなくする方法

毛穴の中から分泌される皮脂と古い角質が原因でできるのが「角栓」。これが毛穴に詰まって酸化すると、毛穴が黒ずんだり目立ってしまいます。でも皮脂は毎日分泌されるもの、だから毎日お手入れすることが必要なんです。

このように目立ってしまう毛穴をケアするには、毎日の洗顔が基本。しっとり潤いを残すタイプの洗顔料ではなく、さっぱり洗いあげるタイプの洗顔石鹸で、皮脂をしっかり落とすことが重要です。

毛穴ケアのための正しい洗顔法

1.蒸しタオルで毛穴を開く
洗顔前に蒸しタオルを顔にのせて、汚れが取れやすいように毛穴を開きます。
蒸しタオルは水にぬらしたタオルを、電子レンジで約1分温めると簡単にできます。

時間がある場合は、フェイス・スチーム・バスがおススメ。
鍋にお湯を沸かしてお気に入りのハーブやエッセンシャルオイルを落として、湯気が逃げないように頭からすっぽりタオルをかぶって、顔にスチームを当てる方法です。肌がリフレッシュして気分もリラックスします。(フェイシャルスチームについて詳しくはこちらへ)

2.たっぷりの泡で洗顔する
洗顔料は弱アルカリ性の純石鹸がおすすめ。これを充分に泡立ててから、ごしごしこすらずに、泡を毛穴に押し当てるようにやさしく洗顔。(正しい洗顔方法について)

それでもザラついて毛穴が詰まってしまうときには、ピーリングコスメ酵素洗顔料を使いましょう。ピーリング剤や酵素洗顔料には、古い角質をはがれやすく分解する作用があって、穏やかに毛穴のつまりを取り除く働きがあるからです。

ピーリングは、AHA(グリコール酸、乳酸、フルーツ酸など)を配合したミルク、ジェルタイプの洗い流すタイプのものがおススメ。刺激が少なく肌にもおだやかだからです。詰まった毛穴を予防するには、皮脂だけでなく、角質も落とすケアをすることがポイントです。

さらに、それでも毛穴が詰まって気になるというときには、毛穴パック、クレイパックを活用してみても。でも貼ってはがすタイプの毛穴パックは、使いすぎると毛穴が余計に目立ってしまう恐れがあり注意が必要です。角栓をパックで引っ張り出すという行為は、皮膚を刺激することなので、繰り返すうちに、毛穴がより広がってしまうこともあるからです。詰まりをとっても毛穴は小さくならないので、やりすぎには注意を。

そして食生活にも気をつけること。皮脂の過剰な分泌を防ぐために、油っこいもの、甘いものは控えて。またビタミンB1は、炭水化物の代謝に関係し、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぎます。豚肉、ピーナッツ、うなぎなど。ビタミンB2には、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。レバーやうなぎなどに豊富に含まれます。

たるんで毛穴が目立つタイプの対処法は?

肌が老化することによって、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少してくると肌の弾力も失われてきます。これが「たるみ」の原因ですが、肌がたるんでくると、毛穴も支えきれなくなり、縦方向にたるんでくるので、毛穴も目立ってしまいます。

このようなたるんだ毛穴は予防が第一です。若いうちから肌がたるまないように、ケアすることが必要です。

自宅でできる方法は、ピーリング。ピーリングを行うことで、角化して厚くなった角質や、毛穴の中の酸化した老廃物を取り除くことができます。また真皮のコラーゲンを増やす作用もあるため、毛穴のゆるみも引き締まる効果が。この場合ふき取りタイプよりも、洗い流すタイプのピーリングのほうが肌の負担が軽く安心です。