保湿クリームが必要なときって?

正しいスキンケアの方法として、まず洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液そして最後にクリームをつけるというのが、一般的です。でも保湿クリームは誰にとっても必ず必要なものというわけではありません。特に若い肌には、放っていても、天然の皮脂が分泌されるので、むやみにつける必要はありません。不必要なものを皮膚につけることで、肌の負担も大きくなり、新陳代謝が乱れたり、古い角質がはがれず、角質が厚くなってニキビや肌荒れの原因になることも。

そしてクリームと乳液とは水分と油分の配合バランスの違いがあるだけで、働きは基本的には同じです。水分が多い乳液のほうが肌にスーッとなじみやすくのばしやすいので、使い心地も軽やかです。若い肌や、脂性肌にはクリームより乳液のほうが向いているかもしれません。

反対にひどい乾燥肌敏感肌バリア機能がうまく働かなくなっているときには、外からの刺激から肌を守るために、保湿クリームは欠かせません。また、30代以降は、水分量とともに、皮脂の分泌量も下がるので、水分と同時に油分の補給も必要になります。特に、目元や口の周りなど、皮膚の薄い部分や皮脂分泌が少なく乾燥しやすい部分には、保湿クリームをつけてしっかり保護することも必要。

この場合、通常よりもより保湿効果の高い目元専用クリームやほうれい線用クリームなどを使うのも効果的。皮膚が薄くデリケートな部分なので、ポイント的に使うことで、小ジワやたるみなどの肌の悩みも解消されます。また日中につけるクリームは水分が多くてさらっとしたクリーム、夜はこってりとしたリッチなナイトクリームというように使い分けることも。肌の弱い人は、『低刺激』のクリームを選びましょう。

乾燥肌、年齢肌ともにいえることですが、クリームをたっぷり塗ったからといってそれが肌に吸収されて、肌の悩みが解消されるわけではありません。肌の負担を最小限に抑えるためにも、必要なところに必要な量をつけることが大切です。


多くの美容ライター、ジャーナリストが絶賛している
すべて自然成分で作られたスキンケアとは?


それは自然のちからを最大限生かした化粧品『オラクル』です。

『オラクル』は、化学合成成分不使用!
しかも100%自然成分の化粧品です。 

肌にとって本当に良いものを追求した結果、原料となる植物の栽培から、
植物エキスの製造までも、北海道の自社農園、自社工房で行っています。

オラクルに調合された植物成分は、全部で63種類。 
トラブルに直接働きかけ、基礎体力を高める植物たちが
絶妙なバランスで調合されています!!

肌タイプや悩みを問わず、肌の奥にまで働きかけ、
肌が持つ本来の力を引き出し、強く美しい肌へ導きます。

この100%自然成分の化粧品【オラクル トライアルキット】
たっぷり1週間分7,350円相当を、今ならお得に送料無料でお試しできます!!
↓  ↓  ↓