洗顔で注意することは?

キレイな素肌をつくるためのスキンケアでは、洗顔は基本のステップ。メイクをした日はまず、先にメイク汚れをクレンジングで落としましょう。メイクを落としてから、メイクの洗い残しや、1日の汚れを洗顔でしっかり落とします。軽めのメイクで、ダブル洗顔不要のクレンジングなら、このステップは省いても。洗い残しが心配ならば、きれいなぬるま湯で何度もすすぐほうが、肌にとっては負担も軽いのです。

洗顔は肌についた汚れ、皮脂、ほこりなどを落とすのが目的ですが、間違った洗顔方法では、肌荒れを起こしたり、乾燥肌を招いたりするなど、肌トラブルの原因になることも。そしてクレンジングの次に、肌に負担をかけるのが洗顔なんです。だから洗顔も、クレンジングのように角層をやさしく守りながら、汚れをしっかり落とすことが大事。決してゴシゴシこすったり、力をいれたりしてはだめ。たっぷり泡立てた泡で顔を包み込むように、ていねいにやさしく行うことです。クレンジングと同様、洗顔料を肌につけている時間はなるべく短くすることも。

ただし、すすぐときはていねいに時間をかけることが必要。すすぎは洗顔の2倍の時間をかけるべきともいわれています。特に生え際やあごの下など、泡のすすぎ残しがないようにしっかり、ていねいに。洗顔料が肌に残ってしまうと肌への刺激になり、肌トラブルを引き起こすことも。

そして、洗い流す水の温度もクレンジングと同様に重要。熱すぎるお湯は、肌に必要なうるおいを奪って乾燥を招いてしまいます。反対に、冷たすぎる水では、毛穴の皮脂や汚れがしっかり落ちません。洗顔のときに使うお湯は、ぬるめのお湯(32度くらい)が最適です。顔の表面温度が32~34度、顔の表面から皮脂が溶け出す温度が30度といわれるので、だいたい30度から34度くらいであれば、皮膚に負担をかけずに皮脂をすっきり落とすことができるでしょう。そしてもうひとつ、お湯の温度を一定に保つこと。洗いはじめから仕上げまで、同じ温度ですすぐことが大事。肌を引き締めようとして、仕上げに冷水を使うと、赤ら顔の原因になってしまいます。

たっぷり時間をかけてていねいにすすいだら、次はタオルドライです。せっかくていねいに洗顔をしたのだから、拭くときにも細心の注意を。ゴシゴシこすったりせず、清潔なタオルで肌をポンポンと押さえるように、水分を吸収させるのが正しい拭き方です。




毛穴の汚れが消える?
どろ豆乳石鹸 どろあわわ

各種美容系サイトで『ランキング1位』を獲得♪

洗顔だけでむきたまご肌に!
そのヒミツは・・・

『奇跡の泥』マリンシルト
皮脂汚れ、毛穴の黒ずみを分子レベルで吸着!

石川県産『ベントナイト』でさらなる吸着効果。
汚れを一掃して、肌をスッキリ引き締めます。

無農薬有機栽培の大豆『豆乳発酵液』
通常より小さい分子で浸透力UP!美容成分
(大豆イソフラボン・ヒアルロン酸・コラーゲン)が、
ふっくらお肌に!

無香料・無着色・無鉱物油

どろ豆乳石鹸 どろあわわ
↓  ↓  ↓