洗顔料の種類と特徴

固形石鹸固形石鹸は、白っぽい不透明なタイプ、透明のタイプがあって、含まれている成分や特徴にも違いがあります。

白っぽい 不透明な石鹸は、オイルベースでできていて、洗浄力は強め。成分を安定させるために、アルカリ成分が多く使われているので、刺激もやや強い。洗い上がりはさっぱりする。敏感肌や乾燥肌には刺激が強め。

透明なタイプは、保湿成分を配合しているので、洗い上がりはしっとりする。洗浄力はやや弱め。
乾燥肌でも使える。

固形石鹸は保管方法にも注意。水にぬらしたまま、汚したままでは雑菌が繁殖します。乾燥した清潔な場所に置いておきましょう。

洗顔フォーム(クリーム)チューブに入っていて使いやすく、もっとも一般的な洗顔料。
洗顔フォーム(クリーム)には、 さっぱりタイプ、しっとりタイプ、肌の悩み別などさまざまなものがあるので、メーカーによって肌への負担はいろいろ。
しっとりタイプの洗顔料は油分を30~40%含むので、肌に油膜が残ってしまう。


ジェル洗顔料(リキッド)ジェル洗顔料(リキッド)は、 水分を多く含み、泡立ちはいいが、ホイップクリームのようなしっかりしたもっちり泡をつくるのは大変。
洗浄力は強めで、洗い上がりはさっぱり。
ベタつきが気になるオイリー肌向き。

パウダー洗顔料パウダー状の洗顔料は、その都度粉と水を混ぜて泡立てて使う。
粉状なのは、酵素など、水にぬれるとはじめて活性化する成分を配合しているから。
洗浄力、肌への負担はメーカーによってさまざま。

泡タイプ通常ポンプタイプで、押すと泡の洗顔料がでてくるもの。
便利な泡タイプだが、強い界面活性剤を配合しているものもあるので注意を。
泡の固いものは発泡剤配合のものも。
洗浄力、肌への負担はメーカーによってさまざま。

スクラブ洗顔料スクラブタイプの洗顔料は、粉末状の粒子が入っていて、これが肌の古い角質や余分な皮脂を取り除いてくれる。
刺激が強く、肌を傷めやすいので、使うときにはやさしくなでるように。
乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌には向かない。

泡立たないタイプ
泡立たないタイプの洗顔料は、洗浄力が弱く、汚れ落ちも悪い。
かなりの敏感肌、肌あれの人向き。




“肌が育つケア”で、今日から洗顔法を変えてみませんか?
 

肌への優しさに特化したダブル洗顔法とは?

サッポーのクレンジングクリームは、洗浄能力の無いクリームです。
ピュアマイルドEXソープは、角質を剥がれやすくする界面活性剤を肌に残しません。

通常ダブル洗顔が必要ですが、サッポーのクレンジングクリームは
肌に残っても安心のクリーム。
だから肌が敏感になってるときは、仕上げの洗顔で
余計な刺激を与えずに肌をケアできるんです。

汚れを洗わず、浮かせるやさしいクレンジング
刺激物質をゼロにしたやさしい石鹸

この2つで、肌の状態に合わせた洗顔法が実現できるというもの。
洗顔レベルを調整しながら、『肌を育てる』洗顔法です。

今ならこのサッポーの『肌が育つ』洗顔法がたっぷり1ヶ月間トライアルできます!
特別価格(1200円~1500円)送料無料で3つのコースから選べます。
↓  ↓  ↓