美容液で注意することは?

美容液は基本的に、化粧水の後、乳液をつける前に使うのが普通です。スキンケアの順番は、水分の多いもの⇒油分の順で肌に取り込まないとうまく浸透しないからです。だから、特にメーカーが指示していない限り、化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリームの順で。乳液を先につけてしまうと、肌に油膜をつくってしまい、美容液の成分がうまく浸透しなくなることも。

ただ美容液によっては、これが逆になることも。たとえば角質を取り除くような効果のあるものは、化粧水の前につけるというように。そして美容液は高濃度にできているのでドロリとしたものが多いのですが、中にはクリームのような形状のものもあります。この場合は乳液の後につけるほうがいい場合も。必ず美容液の指示を確認してから使うようにしましょう。

そして、美容液も手でつけるか、コットンでつけるかは好みによりますが、いずれにしても肌をこするようなつけ方はだめです。目の周りや細かい部分は指先を使うほうがつけ残しもなくうまくいくでしょう。手のひらにいったんとることで、美容液が温められ、浸透力もアップします。コットンを使う場合でも、皮膚の薄いところからやさしくこすらずつけていきます。

顔全体に美容液がいきわたったら、手のひらで顔全体を包み込むようにして浸透力をアップ。目尻や口元などの乾燥しやすい部分には、指先でやさしくポンポンと重ねづけをすると効果的です。ただ美容液は有効成分が高濃度に含まれているので、つけすぎには注意。肌を甘やかせてしまって、皮脂が分泌されなくなり、乾燥肌が進んでしまうことにも。きちんと適量を守るようにしましょう。




ヒアルロン酸の130%の保湿 プロテオグリカン配合
TERVIS【アクアプロテオ モイスチュアジェル】
全額返金保証+うれしいミニボトル+送料無料