アンチエイジング美容液

年齢を重ねるにつれて現れてくる、シワたるみ。これは、一時的にできていた表情ジワの溝が深くなって、元に戻らなくなって定着してしまったもの。肌の土台である真皮のコラーゲン線維が変性したり断裂してしまい、肌の弾力やハリが失われていくことで生じます。

コラーゲン線維は肌の弾力を保っているものですが、年とともにその効力も低下していき、量そのものも減っていきます。そしてコラーゲンの減少とともに真皮が薄くなるので、シワができやすくなるのです。こうしたシワやたるみといった肌の変化は、老化現象のひとつなので、避けられないことではありますが、アンチエイジングケアをすることによって遅らせることは可能なんです。

真皮には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分が存在していて、これらが豊富にあることで肌の弾力やハリが保たれます。そしてこれらの美肌成分を生み出しているのが、『線維芽細胞』です。アンチエイジング成分は、この線維芽細胞に働きかけて、肌の弾力やハリをアップさせ、肌をふっくらさせたりしてくれるものです。

主なアンチエイジング成分

ビタミンC誘導体
美肌に効果があるビタミンCを壊れにくく、有効成分が浸透できるように改良したもの。真皮層まで届いて、コラーゲン生成を助け、しわやたるみなどを軽減。

レチノール(ビタミンA)
表皮細胞に作用して細胞の増殖を促進させ、表皮の厚みを増す作用。

ナイアシン(ビタミンB3)
肌代謝を活発にし、肌にハリを出す作用。ニキビにも。刺激が少ないので肌の弱い人にも。

抗酸化成分
油溶性甘草エキス、オウゴンエキス、各種植物ポリフェノールなど。植物エキスが多用。

女性ホルモン《エストロゲン》
線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を活性化する働きがある。
イソフラボン(女性ホルモン様の働きをする成分)など

AHA
ピーリングコスメに配合される成分。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸など。
石鹸タイプが使いやすく、ふき取りタイプは刺激がやや強い。

EGF
肌細胞の成長を活性化、、ターンオーバーを活発にする成分、肌年齢の若返りに効果。FGF、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プラセンタなどの成分と一緒にとると相乗効果が高まる。



スキンケア化粧品選びで大事なことは、
有効成分の配合量と浸透力です!

シワに効果がある成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、ペプチド・・・)は、
水溶性であるため、脂(脂質)で守られた肌には浸透しません。
あなたのエイジングケア化粧品が、シワに効果がなかったのは、
せっかくの成分が浸透していなかったからなのです。
↓  ↓  ↓

シワに効果のある成分は浸透してこそ、シワが改善され、
肌にハリがもたらさせるのです

国際特許の浸透技術を使ったビーグレンのアンチエイジングケアは、

毎朝、鏡を見るのが楽しくなる
シワのない10年前の肌をめざす3ステップ

今ならこのオドロキの浸透力を1,890円でトライアルできます!
↓  ↓  ↓