美肌の大敵「乾燥肌」に必要なこととは?

肌本来の機能が正常に働いていれば、モイスチャーバランスは自然に保たれて、乾燥しないうるおいのある肌でいられます。でも、実際には気温や湿度の変化紫外線ストレスなどさまざまな刺激をうけて、正常に機能しなくなることがよくあります。またこうした外部要因だけでなく、肌の老化によっても「乾燥」は進みます。年齢を経るにしたがって、肌内部の保湿物質の生産量は減っていくので、皮膚の再生機能も弱まっていき、肌は乾燥しやすくなるのです。

それではこのような肌の老化の原因となる乾燥を解決する方法は?
健康な肌の角層には、約20~30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になると「乾燥肌」の状態です。そして冬場の湿度が50%以下になると、さらに角層の水分が蒸発しやすくなって、肌の水分量10%ということになることも。肌のツッパリを感じたときには、すでに肌内部はひどく乾燥しているということです。暖房の効いた部屋にぬれタオルを干しても、あっという間にカラカラになってしまいますね。でもだからといって、外から化粧水をバシャバシャたたいても、乾燥肌を治すことはできません。やはり、外側から水分を取り入れることよりも、体の内側から水分を湧き出させ、肌に保たせることが必要なんです。これが乾燥肌を克服するための「保湿」です。

つまり「保湿」とは、水分をたっぷり肌につけることではなく、肌に水分をキープさせるような保湿成分を与える、ということ。具体的には、肌表面だけでなく、肌内部にまで浸透して水分をキープするようなものです。いくら化粧水をたっぷりはたいても、角層のバリア機能によって、肌の奥まで入っていくことはありません。浸透するのは角層の浅い部分のみ。だから一時的にうるおってもすぐに蒸発してしまい、かえって乾燥を招いてしまうことにも。蒸発するときに、角質層に含まれる水分も一緒に奪っていくので、過乾燥となることもあるからです。

それでは、乳液をつけてフタをしたらどうでしょうか?この場合も、水分保有力のない乳液だけでは不完全。必ず水分を保持する保湿物質を含んだ乳液を選びましょう。ただ油分を補っただけでは、そのすき間から水分が蒸発していってしまうので、肌は乾いてしまいます。保湿のメカニズムは、角質細胞内でしっかりと水分が保たれて、その上で皮脂膜が肌の表面を保護して、水分の蒸発を防ぐということ。つまり乾燥肌を解消するための保湿には、油分も必要ですが、水分をしっかりキープして、うるおいを保つ性質のある保湿成分を与えるスキンケアが必要ということなんです。

薬用ユースキンS ローション 激安通販 送料無料
「薬用ユースキンS ローション」は、水分がたっぷり含まれているため、さっぱりとした使用感で、お肌にふっくらとした潤いを与えます。ジェルタイプで、液ダレしないから、お顔だけでなく全身に♪無香料・無着色・弱酸性・低刺激の化粧品。うるおい成分としてシソの葉エキスを配合。赤ちゃんからお年寄りまで。