肌トラブルを引き起こす乾燥肌の原因は?

カサカサ、粉がふく、ひび割れる・・などのトラブルに見舞われる「乾燥肌」。冬の寒いときのみならず、夏でもエアコンなどによる室内の乾燥によっても引き起こされます。もちろん加齢とともに肌の老化によっても。そしてこの乾燥状態を放っておくと、小じわ、乾燥性のちりめんジワ、たるみなどに発展してしまうのです。肌の乾燥がすべての肌トラブルの元になっているといっても過言ではないでしょう。

このように美肌になるために肌の乾燥は大敵です。だから化粧水をたっぷりつけたり、クリームを塗ったりとしっかり保湿を行っているのに・・・・。それでも潤いが失われ、乾燥してしまいがち。そもそもどうしてこのような「乾燥肌」になってしまうのでしょうか?

乾燥」ときくと、つい肌表面のことばかりを考えてしまいがちですが、実は肌内部でも起こっているのです。人間の肌には、もともとうるおいを保つ保湿物質が存在していて、水分の蒸発を防いでいます。角質細胞の間にある、角質細胞間脂質という脂質の一種は、いろいろな物質が混ざり合って構成されていますが、そのうちセラミドは40%を占めている最強の保湿物質。このほか、天然保湿因子(NMF)皮脂膜が肌にバリアをつくり、外界からの刺激から肌を守ったり、肌の内部の水分の蒸発を防いだりしています。そしてこれらの保湿物質が、老化、紫外線、気温や湿度の変化、ストレスなどによって量が減ったり、間違ったスキンケアなどで正常に働かなくなったりすると、肌内部の水分をキープできなくなって、肌は乾燥していくのです。

乾燥した肌

角質層のバリア機能が失われ、刺激物質が皮膚の中に侵入したり、水分が逃げていく

また乾燥肌を知るうえで、忘れてはならないのが「バリア機能」です。バリア機能とは、外からの刺激物質や細菌などから肌を守るための機能のこと。たとえば、プールに入ってもお風呂に浸かっていても、肌の内部に水が入り込まないのは、バリア機能の働きです。このバリア機能が正常に働いているときは、肌内部の水分の蒸発を防いでくれるので、うるおいもしっかり保たれます。

ところが、バリア機能が正常に働かなくなると、皮膚の奥から水分が失われ、角質層の水分量が減ってきます。さらに乾燥状態が続くと、肌は硬くなっていき、厚みも増して、ゴワゴワしてきます。どうしてこのようになるかというと、バリア機能が働かなくなった肌は、肌を守ろうともっと角層をつくろうとして生産を速めます。そしてそれに追いつかなくなると、未熟な細胞が表面にでてきてしまいます。それでもバリアが機能しないので、さらに角層はどんどん厚みを増していく、均一でない厚みのあるゴワゴワした皮膚となって表面に出てきてしまう・・・という悪循環に陥っていきます。これが、かさついたり、粉がふいたり、ひび割れしたりしてる「乾燥肌」の実態なんです。このように乾燥肌は、角層がもつバリア機能がうまく働かなくなることで、加速していくのです。

さらに肌が乾燥すると、角質のバリア機能が低下し、アレルギー反応が出やすくなることがわかっています。これが「敏感肌」とよばれる状態です。敏感肌の対処法としては、バリア機能を高めるスキンケアをすること。抗原が表皮まで侵入しないようにすることで、アレルギー反応を生じにくくすることです。

皮膚保護クリーム プロテクトX1 通販セール 送料無料
成分が皮膚にバリア(保護膜)を作って手肌を守るハンドベールクリーム。水や湯、洗剤、消毒液、オイル、インクなどから皮膚を保護。臭いや汚れを落しやすくします。手以外の皮膚保護を必要とする箇所(顔・足など)や赤ちゃんのおむつかぶれ予防にも。ニオイもベタつきもない、しっとり心地よい使用感。無香料、無着色。