肌トラブルを招く「乾燥肌」とは?

人間の肌にはもともとうるおいを保つ保湿物質が存在しています。それは、【皮脂】、【天然保湿因子】【角質細胞間脂質】の3つ。これを「保湿三因子」といいます。これらが互いに助け合いながら角層の水分を維持しているから、潤いのあるみずみずしい肌をキープできるのです。

なかでも角層の水分は、セラミドなどの角質細胞間脂質が80%以上を占めていて、潤いを保つために最も重要な役割をしています。水の分子をサンドウィッチ状にはさみこむ構造を持っていて、しかもこの水は湿度0%でも蒸発せず、-20度でも凍結しないという性質をもっているんです。だから人間の肌は砂漠に行っても干し物のようにカラカラになることはないし、南極でも凍りつくことはないというわけ。さらにセラミドは角層の細胞と細胞を繋ぐ役割もしているので、肌にセラミドが豊富にあれば、しっかりと水分をキープしてうるおいのあるぷるぷるの肌になれるというわけなんです。

角層のバリア機能

肌のうるおいを保つ3つの要素

皮脂は、「天然のクリーム」ともいわれるとおり、肌の表面に皮脂膜という膜を覆うことで、肌の内側から水分の蒸発を防いだり、外界からの刺激から肌を守ったりしています。過剰の分泌されれば、空気中の細菌やほこりを付着させて、肌にとってよくないトラブルの元になりかねませんが、適度な皮脂の分泌は、肌を守り、雑菌の繁殖を防いだり、潤いを保つためにも不可決です。

そして天然保湿因子(NMF)Natural Moisturizing Factorもまた、肌の潤いを保つ要素です。この天然保湿因子(NMF)は角層の中にあって、水となじみがよく 水分保持力のあるアミノ酸や尿酸、PCA(ピロリドンカルボン酸)など約20種類からできている物質の総称。セラミドほどの水分保持力はないにしても、これらの「保湿三因子」がバランスよく肌の上で機能することで、潤いあるつやつやの肌になれるのです。

でもこれら「保湿三因子」が何らかの原因で失われると、肌は乾燥してしまいます。そして「乾燥肌」になってしまうと、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。単なるカサカサの潤い不足の「乾燥肌」になるというだけでなく、乾燥が加速することで、「ニキビ肌」「シワ」「たるみ」などほとんどすべての肌トラブルの元になってしまうのです。このようになめらかですべすべの潤いのある美肌になるためには、肌を乾燥させないことが最も大切だといえるのです。

ロコベースリペア ミルク 激安 送料無料
お肌に重要な成分をバランスよく配合した皮膚保護乳液♪特殊な乳化技術により、カバー力と伸ばしやすさを両立・広い範囲にもなじませやすく、しっとりしてベタつきにくい乳液。ドライスキンの人に不足しがちな肌脂質成分を3種類バランスよく配合。(皮膚を保護する「セラミド2」、「コレステロール」、「遊離脂肪酸(オレイン酸・パルミチン酸)」。香料・着色料・防腐剤無添加、低刺激、アレルギーテスト済み、乾燥肌・敏感肌にも♪