ふき取り洗顔法とは?

日本では、ダブル洗顔でもシングル洗顔でも、または石鹸を使わない場合でも、洗顔といえば、ぬるま湯や水で汚れを洗い流すというのが、通常行われる洗顔方法です。でもヨーロッパやアメリカなどでは、水やお湯を使わないでする洗顔法が一般的に行われています。

これは、メイク落としの際に、クレンジングミルクや、クレンジングローションなどのクレンジング剤を肌になじませた後、ふき取り化粧水やローションなどを含ませたコットンやガーゼで汚れをふき取るというもの。このあと、石鹸などを使って水洗いはしません。これでメイク落としが完了するんです。

日本人にとっては、水道水といえば、軟水です。この軟水は、肌にとっても、髪の毛にとっても、洗濯用にとっても、料理に使う場合にも、好都合なのですが、ヨーロッパやアメリカなど、硬水が水道水である場合、事情が違うのです。硬水はミネラル分が多いので、石鹸は泡立ちにくいし、肌に刺激を与えて、肌荒れを起こしたりしやすくするんです。だから肌を守るために、洗わない洗顔法のほうが、硬水で肌を荒らすよりはいいということがいえるのでしょう。私自身も外国にしばらく住んでいたころ、原因不明の肌荒れに悩まされていたのですが、はじめは水道水が原因だとは思いませんでした。でも日本にいると本当に軟水っていいなぁ・・・と実感します。肌にも髪にもやさしいし、料理もおいしくなるし・・・

でもコットンで拭くだけで本当に大丈夫なの?とギモンに思うかもしれません。やはり汚れはしっかり落とさなければ肌トラブルになるので、ていねいにふき取る必要があります。ポイントは、コットンやガーゼに水分をたっぷり含ませること。水分が多ければ、摩擦が少なくなるので、肌を傷めません。そして汚れた面を何度も使わないということも。きれいな面でていねいに、しかもやさしくふき取るのがコツです。ふき取り用の化粧水は、高価なものである必要はありません。ふき取った後、肌表面を整えるために、きちんと保湿などのスキンケアを行いましょう。


あなたはいつまで、洗剤でメイクを落としますか?

一般のオイルクレンジングは洗浄力が強く、
皮膚に必要なうるおい成分まで洗い流してしまい、
毛穴拡大、乾燥、くすみなど、肌トラブルの原因に!!

でも『Grace & Lucere
プレミアムクレンジングオイル』は、
脂肪酸(合成界面活性剤)不使用なんです!

汚れはしっかり落とし、
肌に優しいのに、洗い上がりサッパリ!

美肌の基本は、
『汚れを残さず』 『潤いは残す』

パウダーなどを除くほとんどの化粧品は、油分からできていて、皮脂の汚れも油分の一種。
だからクレンジングには、次の2つの方法しかありません。
1)界面活性剤で化粧や皮脂を溶かしてクレンジングする。
2)オイルで溶かして化粧を浮かび上がらせクレンジングする。

とはいえ、落としすぎないことも大切。

一般的なオイルクレンジングの場合、クレンジングに含まれる合成界面活性剤の量が通常20%以上になり、皮膚に与えるダメージは大きくなりがち。合成界面活性剤は油汚れを取るほかにたんぱく質を分解し、皮膚に必要な皮脂膜も洗い流してしまうので、肌はうるおいがなく乾燥気味に。

界面活性剤の量を減らすと、洗顔後に油膜のヌルヌルが残り、これを取るためにW洗顔しなければならず、強力洗浄のダブルパンチ。こうなると保湿のためにどんなに高級な化粧品を使用しても、その効果はあまり感じられなくなってしまいます。

クレンジングと洗顔で過剰洗浄⇒肌の乾燥⇒ワンランク上の保湿化粧品の過剰塗りこみ⇒毛穴閉塞と溜まった汚れの酸化⇒ニキビ、毛穴、くすみ、乾燥などの肌トラブルの発生、という乾燥の悪循環に。


 
クレンジングを選ぶ基準は、

1.脂肪酸(界面活性剤)が入らない
2.しっかりメイクが落ちる
3.使い方が簡単

これが30年後も若々しい肌でいる秘訣なんです!

一般的なオイルクレンジングは水と界面活性剤が半分以上占めるのでコストは低く抑えられますが、
それに比べてこの『プレミアムクレンジングオイル』は、オイルの使用量を約8割、一般のクレンジングオイルの2倍のオイルを使用しています、その証拠にトロッとせず、オイル特有の硬さがあります。

また特殊加工した水に溶けるオイルは、高級天然オリーブオイルの3倍以上のコスト。
原料のオイルだけで製造コストは6倍となり・・・・

そんなわけで、クレンジングの割には少し値段が高いと思われるかもしれませんが、
価格以上の価値があるからこそ、口コミでうわさが広がり、
いまでは追加生産に追われるほどの人気商品に!

アナタも30年後の肌のことを考えて、今日からクレンジングを見直してみませんか?

最上級オリーブオイルが主成分だからW洗顔不要!
濡れた手でも使える!EGF・フラーレン配合!美容液クレンジング
↓  ↓  ↓