ダブル洗顔って本当に必要?

油分を多く含むメイクアップの汚れは、まずクレンジングで油性のメイクアップ料を落とす必要があります。具体的にはファンデーションや口紅、マスカラなどのポイントメイク、日焼け止めクリームなど、肌に密着させるために油分が多く含まれたものです。そしてこの時点では、まだ完全に汚れが落としきれていないため、クレンジング料の洗い残しや、水性の汚れを取り除くために、さらに石鹸洗顔を行う必要があります。ダブル洗顔とは、このように油性のメイクアップ汚れを落とし、さらにその洗い残しや水性の汚れを落とすためにダブルで行う洗顔方法をいいます。

ダブル洗顔がすべての人に必ず必要か?といえば、その人の肌質、メイクの濃さ、使っているクレンジング剤などによって、それぞれ異なってくると思います。しっかりメイクをした日には、それを落とすために油分の多いクレンジングオイルやクレンジングクリームを使ってメイク料を落とす必要があるでしょう。そんなときは、クレンジングだけで落としきれなかった汚れを、さらに洗顔石鹸で洗い流さないとすっきりしないかもしれません。ただ、クレンジング料によっては、シングル洗顔だけでしっかりメイクが落ちるようなものもあるので、濃い目のメイクをした日は必ずしもW洗顔が必要ということではありません。もしクレンジング剤を落としても、肌がヌルヌルする・・といった状態のときは、さらに石鹸で洗うか、ぬるま湯で何度もすすぐかどちらかになると思います。洗い流したときに肌に残りにくいクレンジング剤はたくさんありますが、油分は、肌に残ったまま長い時間がたつと、有害な過酸化脂質となり、くすみやシミなど肌のトラブルの原因になったり、毛穴を詰まらせてニキビをできやすくすることもあるからです。

でもダブル洗顔は、肌の汚れをすっきり取り除いて、肌を清潔に保つ一方で、人によってはトラブルになることも。それは洗顔のしすぎでおこる肌トラブルです。人間の皮膚には、雑菌など肌にとってよくない悪玉菌もあれば、肌に必要な善玉菌も存在します。だから洗顔のし過ぎで、この善玉菌までもが取り除かれてしまうと、肌を守る機能が失われてしまうことに。また、表皮にある角層には、外部からの刺激から肌を守ったり、肌のうるおいをキープする役割を持ったバリア機能⇒がありますが、過度な洗顔によって、この大切なバリア機能が失われてしまうと、乾燥やかゆみなど肌が敏感になってしまうことにもなります。

洗顔は、毎日行うもの。だから間違った洗顔法を続けていると、肌トラブルを引き起こしてしまうくらい重要なスキンケアなんです。もし、ダブル洗顔で肌が敏感になっていたり、トラブルがある場合、一度洗顔法を見直してみる必要があるでしょう。使っているクレンジング剤や洗顔料に問題があるかもしれません。こんなときは肌に過剰な行為はひとまずやめて、シンプルなスキンケアに変えてみましょう。




“肌が育つケア”で、今日から洗顔法を変えてみませんか?
 

肌への優しさに特化したダブル洗顔法とは?

サッポーのクレンジングクリームは、洗浄能力の無いクリームです。
ピュアマイルドEXソープは、角質を剥がれやすくする界面活性剤を肌に残しません。

通常ダブル洗顔が必要ですが、サッポーのクレンジングクリームは
肌に残っても安心のクリーム。
だから肌が敏感になってるときは、仕上げの洗顔で
余計な刺激を与えずに肌をケアできるんです。

汚れを洗わず、浮かせるやさしいクレンジング
刺激物質をゼロにしたやさしい石鹸

この2つで、肌の状態に合わせた洗顔法が実現できるというもの。
洗顔レベルを調整しながら、『肌を育てる』洗顔法です。

今ならこのサッポーの『肌が育つ』洗顔法がたっぷり1ヶ月間トライアルできます!
特別価格(1200円~1500円)送料無料で3つのコースから選べます。
↓  ↓  ↓