クレンジング剤の選び方

さまざまなタイプがあるクレンジング剤。そしてクレンジングの目的は、肌の油性の汚れを落とすことです。肌に不必要なものを取り除くという目的だから、ほかの基礎化粧品のように美肌になるために・・という考えを強く持って選ぶことがあまりないかもしれません。

でも肌の表面に直接つけて不必要なものを取り除くという性質上、肌にとても負担がかかるのがクレンジングなんです。だからクレンジング剤は、できるだけ肌に負担をかけずに、しっかり汚れや不要なものを取り除いてくれるものを選ぶのが重要なポイント。さらにクレンジング剤の洗浄力の強さ、成分構成などを考慮して、その日のメイクの状態に合わせて使い分けることも必要です。そしてなによりも自分の肌質に合ったものを選ぶということも。

クレンジング剤には、いろいろなタイプのものがありますが、基本は油分界面活性剤が主な原料です。油分は、肌から油性のメイクアップ料を浮き上がらせるために、そして界面活性剤は、水と油分をなじませ、洗い流すために配合されています。

これらの成分の配合量がかわることで、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ・・・などいろいろな形状ができるのです。そしてそれぞれ刺激の強さや落ち具合などが違うので、クレンジング剤を選ぶときは、メイクの濃さによって使い分けることが必要です。でもそれだけでなく、もう1点、素肌改善するためには重要な注意点が・・・。

クレンジング剤に配合されているのが『合成界面活性剤』ですが、これは強いタンパク溶解性と洗浄力を持つため、台所用洗剤、シャンプーなど油汚れを水で洗い流す製品などに広く使われているものです。台所用洗剤を使い続けていると、手が荒れてきますね。それは合成界面活性剤には、たんぱく質を破壊する性質があるからです。

クレンジング剤の中でも、洗浄力が強く、合成界面活性剤を多く使用しているのが、オイルタイプ、またはシートタイプのクレンジング剤です。簡単に濃いメイクも落とせるので手軽ですが、長く使い続けていると、肌へのダメージが大きく、肌のバリアゾーンを破壊してしまうことも。さらに油分が汗腺をふさいで、汗を出にくくさせ、ニキビや吹き出物、ほてり顔の原因になることも。だから、このような合成界面活性剤を多く含むタイプを使うときは、濃いメイクをしているときや、ポイントメイクを落とすだけにして、肌へのダメージを最小限に食い止めることが、素肌改善のコツです。

シートタイプ>>| オイルタイプ>>| ジェルタイプ>>| クリームタイプ>>
ミルクタイプ>>| ローションタイプ>
 


あなたはいつまで、洗剤でメイクを落としますか?

一般のオイルクレンジングは洗浄力が強く、
皮膚に必要なうるおい成分まで洗い流してしまい、
毛穴拡大、乾燥、くすみなど、肌トラブルの原因に!!

でも『Grace & Lucere
プレミアムクレンジングオイル』は、
脂肪酸(合成界面活性剤)不使用なんです!

汚れはしっかり落とし、
肌に優しいのに、洗い上がりサッパリ!

美肌の基本は、
『汚れを残さず』 『潤いは残す』

パウダーなどを除くほとんどの化粧品は、油分からできていて、皮脂の汚れも油分の一種。
だからクレンジングには、次の2つの方法しかありません。
1)界面活性剤で化粧や皮脂を溶かしてクレンジングする。
2)オイルで溶かして化粧を浮かび上がらせクレンジングする。

とはいえ、落としすぎないことも大切。

一般的なオイルクレンジングの場合、クレンジングに含まれる合成界面活性剤の量が通常20%以上になり、皮膚に与えるダメージは大きくなりがち。合成界面活性剤は油汚れを取るほかにたんぱく質を分解し、皮膚に必要な皮脂膜も洗い流してしまうので、肌はうるおいがなく乾燥気味に。

界面活性剤の量を減らすと、洗顔後に油膜のヌルヌルが残り、これを取るためにW洗顔しなければならず、強力洗浄のダブルパンチ。こうなると保湿のためにどんなに高級な化粧品を使用しても、その効果はあまり感じられなくなってしまいます。

クレンジングと洗顔で過剰洗浄⇒肌の乾燥⇒ワンランク上の保湿化粧品の過剰塗りこみ⇒毛穴閉塞と溜まった汚れの酸化⇒ニキビ、毛穴、くすみ、乾燥などの肌トラブルの発生、という乾燥の悪循環に。


 
クレンジングを選ぶ基準は、

1.脂肪酸(界面活性剤)が入らない
2.しっかりメイクが落ちる
3.使い方が簡単

これが30年後も若々しい肌でいる秘訣なんです!

一般的なオイルクレンジングは水と界面活性剤が半分以上占めるのでコストは低く抑えられますが、
それに比べてこの『プレミアムクレンジングオイル』は、オイルの使用量を約8割、一般のクレンジングオイルの2倍のオイルを使用しています、その証拠にトロッとせず、オイル特有の硬さがあります。

また特殊加工した水に溶けるオイルは、高級天然オリーブオイルの3倍以上のコスト。
原料のオイルだけで製造コストは6倍となり・・・・

そんなわけで、クレンジングの割には少し値段が高いと思われるかもしれませんが、
価格以上の価値があるからこそ、口コミでうわさが広がり、
いまでは追加生産に追われるほどの人気商品に!

アナタも30年後の肌のことを考えて、今日からクレンジングを見直してみませんか?

最上級オリーブオイルが主成分だからW洗顔不要!
濡れた手でも使える!EGF・フラーレン配合!美容液クレンジング
↓  ↓  ↓