シミができる原因とは?

気づかないうちにいつの間にかできてしまううすい黒色の斑点、シミ紫外線対策はしているつもりでも、こうしたシミをみつけてしまうと憂鬱ですね。シミといってもいろいろなタイプがありますが、中でももっとも多いのが、老人性色素斑というタイプのシミです。老人性といっても、発生するのは30代。老人性色素斑によるシミは、紫外線の影響で発生します。

まず肌が紫外線を浴びると、表皮にある角化細胞(ケラチノサイト)が、表皮の一番下にある基底層にある色素細胞(メラノサイト)メラニンを造るように指令を出します。メラニンは紫外線による有害な物質や活性酸素が皮膚の深層部にまで到達しないように、肌の内部を守る役割をしているのです。いわば細胞のDNAを守るためにつくられるのです。でも過剰につくられてしまうと、厄介なことにも。

このとき生成されたメラニンは、一時的に皮膚を黒く日焼けさせますが、通常はターンオーバーによって肌の表面に上がり最後に剥がれ落ちます。ターンオーバーとは、肌の組織が28日周期で生まれ変わるサイクルのこと。新陳代謝がスムーズに行われれば、メラニン色素は自然と剥がれ落ち、肌は元の色に戻っていくのです。

ところが何らかの原因で肌の新陳代謝が悪く、ターンオーバーが低下すると、このメラニン色素が肌のところどころに残って色素沈着を起こしてしまいます。この色素沈着がシミとよばれるもの。シミができて初期のころは、薄い茶色をしていますが、次第に濃く、はっきりとして定着していきます。

さらにメラノサイトがメラニン色素を作り出すのは、活性酸素が大きく関係しているといわれています。活性酸素は、本来は体にウィルスなどが侵入しないように働くものですが、過剰に発生すると、体に様々なトラブルが生じます。そして活性酸素は、紫外線だけでなく、ストレス、睡眠不足など、いろいろなことが原因で発生します。

このようにシミをつくらないためには、まず紫外線対策をしっかり行うことが大事です。紫外線は、季節や天候に関係なく1年中降り注いでいます。シミができる前に、UVケアをして予防しましょう。さらに、食生活に気をつけたり、規則正しい生活、ストレスを解消するなど、ホルモンバランスを整えて、活性酸素を発生させないようにすることも大切です。