美肌になるポイント-肌のターンオーバー

美肌になるポイント1.肌のターンオーバーを一定に保つこと

キレイな素肌を根本から作り出すためにもっとも重要なポイントのひとつが、ターンオーバーを一定に保つことです。ターンオーバーとは、肌の代謝サイクルのこと。表皮は主に4つの層からできていますが、その一番下にある基底層から生まれた表皮細胞が上へ押し出されていき、角化してやがて角質細胞となって、最後は垢やフケとなってはがれ落ちていきます。この新陳代謝のサイクルが約28日といわれています。ターンオーバーがこの一定の周期できちんと進んでいくうちは、肌は健康的で美しい状態に保たれるというわけです。

ターンオーバーのしくみ

ターンオーバーの仕組み

たとえば表皮が傷ついたり、日焼けしたりしても、このターンオーバーの過程で細胞が絶えず入れ替わっていくので、肌は健やかに回復していくのです。でも、この肌の新陳代謝のシステムがうまくいかなくなることがあります。その最大の原因は、加齢。ほかにはストレス紫外線によるダメージなども大きな原因になります。通常28日周期で新陳代謝が行われるといわれていますが、人によっては3ヶ月も4ヶ月もかかってしまうことも。そうすると古い角質が肌の表層に残ってしまいます。これが過角化といわれる状態です。角層は、水分を20%くらい保持しているのが理想ですが、過角化が進むと、汗や水分が排出されにくくなって、肌の表面を作っている肌理(キメ)も粗くなってしまいます。角層の新陳代謝がスムーズに行われていないと、肌の老化はどんどん進んでしまうことに。

うるおいを失った角層の中では細胞と細胞がくっつき合い、硬くなってしまいます。そうなると、角質の配列が不規則になって、有効成分や水分の通り道がなくなってしまいます。肌の外側からいろいろ補給しても吸収されなくなり、体の中からの水分補給もスムーズでなくなるので、ますます肌の老化が進んでしまうという悪循環に陥ることにも。

さらに、ターンオーバーの衰えは、傷の治りが遅くなったり、シミをできやすくしたりする原因にもなります。常に新しい細胞がつくりだされ、古い角質が剥がれ落ちていくというターンオーバーのリズムがスムーズに繰り返されていれば、傷やシミも残らずに美肌が保たれるわけなんです。



TVで紹介された、プラセンタ化粧品HAHAnoSIZUKU!

プラセンタとは?
胎盤由来成分のこと。
わずか数カ月で1つの受精卵を約60兆個もの細胞に育てあげる未知なるパワー。
人の体を構成している3大成分、たんぱく質、糖質、脂質をはじめとし、
アミノ酸、ヒアルロン酸等の豊富な栄養素を含んでいます。

プラセンタを単独で使用するより、プラセンタにもともと 入っている「EGF」と
「スーパーヒアルロン酸」との組み合わせの比率が、プラセンタのパワーUPに重要! 

業界屈指の濃度を誇る
サラブレッドプラセンタを高配合☆コスメ5点トライアル 1,575円 (送料無料)
↓  ↓  ↓