これだけは抑えておきたいニキビ予防と対策法

ニキビは突然発生するものではなく、肌内部で徐々に時間をかけて進行したのち、肌表面に現れるもの。だから、表面に出ていない時期にケアすること、つまり【予防】が大事なんです。そのためには外側からのスキンケアだけではだめ。体の内側から、体内バランスを整えていくことが重要なんです。

具体的には、まず睡眠。睡眠は美肌を作るうえで最も重要な要素です。睡眠不足になると、肌の抵抗力が低下するので、ニキビや吹き出物ができやすくなります。しかも大きく腫れやすくなるのも特徴。だから十分な睡眠が必要なのですが、特に「シンデレラタイム」といわれるPM.10:00~AM.2:00の間に睡眠をとることがいいといわれています。この時間に「成長ホルモン」が活発になり、肌のダメージの修復や、新しい肌の再生などが行われるので、ニキビなどの肌トラブルの解消もスムーズに行われるからです。

そして食生活も大事です。無理なダイエットで、肌の再生に必要な栄養素・ビタミンが不足すると、美肌は望めません。また、外食・インスタント食品・ケーキ・お菓子など、動物性脂肪の多い食品にも要注意です。皮脂の過剰分泌を起こさないためには、脂っこいものを控えるのがポイント。皮脂の分泌を抑えるビタミンB1,B2、血流をよくするビタミンEも効果的。便秘もニキビの原因になるので、食物繊維もしっかりとって、日ごろから便秘予防に努めましょう。

さらにニキビの元になるアクネ菌は、油を栄養として増殖するので、油分の多い化粧品で悪化することがあります。オイルやクリームも控えましょう。でも油分と保湿は同じことではありません。油分を控えても乾燥させないように肌をやわらかく保つことが必要なんです。肌が乾燥すると、角質が厚みを増して硬くなり、毛穴をふさいでしまうからです。

スキンケアの点では、ニキビ肌には、余分な皮脂を洗顔で落とした後、油分の少ない保湿美容液をつけるのがおススメ。中でも「ノンコメドジェニック」はアクネ菌の栄養になりにくい油分でつくられたものなので、ニキビ肌にも安心です。またビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液もニキビ肌には効果的です。ビタミンCには、皮脂を抑えたり、ニキビ跡の赤みを薄くする作用があるからです。化粧水のあとには乾燥させないように保湿美容液をつけることも忘れずに。

また、大人ニキビは生理前に発生しやすいのですが、これにはホルモンが大いに関係しています。黄体ホルモンが活発になるので、皮脂分泌も増加します。こんなときにはピーリングが効果的。余分な角質をはがし、毛穴がつまりにくくするピーリングを行うことでニキビの発生を防ぎます。ピーリングは、肌に優しいミルクかジェルの洗い流すタイプを。

さらにファンデーションにも油分の少ないものを選びましょう。油分の多いクリームタイプのものよりは、パウダータイプを。化粧下地を使わずに、保湿美容液を肌になじませて直接パウダーを重ねるのがコツ。