大人ニキビができるのはなぜ?

ニキビは必ずしも「思春期にできるもの」ではなく、最近では20代以降にできる「大人ニキビ」が急増しています。そしてこの2種類のニキビには違う特徴がいくつかあり、対処法・予防法も違うので注意が必要です。

まず、大人ニキビはUゾーンやあご部分などの比較的肌の乾燥している部分にできやすいこと。そして一度できると治りにくいうえ、何度も同じ場所に発生する傾向があること。さらにニキビ跡が残りやすいということも特徴です。

もうひとつは、睡眠不足やストレスで悪化するという点。ストレスによって、自律神経に変調をきたすようになると、交感神経と副交感神経のバランスも崩れてきます。睡眠不足、食生活の乱れもホルモンバランスの崩れを引き起こします。睡眠不足だと肌の新陳代謝が行われず、新しい肌の再生もできなくなり、免疫力も低下するので、ニキビができやすくなります。

さらに生理の前になるとニキビができやすくなることも。これは黄体ホルモンの影響です。黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用があり、生理前はこの黄体ホルモンの分泌が活発になるので、ニキビができやすくなり、すでにできているニキビも悪化しやすくなります。

また肌のターンオーバー機能の低下も、ニキビを重症にする要因になります。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約28日間かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれていく、肌の代謝サイクルのこと。年をとるとこのターンオーバーのサイクルが遅くなり、新陳代謝が衰えてくるので、古い角質が剥がれ落ちず、毛穴に詰まりやすくなったりします。このターンオーバーの低下が、にきびを悪化しやすく、にきび跡も残りやすくする原因にもなるのです。

このように、大人ニキビができる原因は、思春期ニキビのような「皮脂」よりも、身体の内面にあることが多いので、外からのケアだけではなかなか予防できません。最も重要なことは、ホルモンバランスを整えて、一定にする生活を心がけること。女性ホルモンは、美肌のために不可欠なもの。女性ホルモンの分泌を活発にするためには、生活のリズムを一定に保つことが、大切な要素なんです。